白髪染め最新人気ランキング|良い白髪染め見つけた気になる事を徹底比較

MENU

年齢を重ねると体全体に衰えが見え始めるのと同じで、頭皮や頭髪などにも加齢トラブルが目立つようになってきます。若い世代の時はボリュームもあり髪質も太くしっかりとしていたという場合も、年齢を重ねると段々髪質が細くなってしまい全体的にボリュームが落ちてしまったり、頭皮トラブルによって抜け毛や切れ毛などが起こりやすくなってしまうなどヘアダメージなどもどんどん悪化してしまう危険があります。

 

白髪染めケアのポイント

また老化現象の一つとして多くの悩みになっているのが髪の白髪です。40代以降になるとこの白髪トラブルはどんどん症状が進行しやすくなってしまうので、定期的に市販されている白髪染めを利用したり、ヘアサロンにかよってヘアカラーをする女性など普段以上にヘアケアに意識をする必要が出てくるのです。

 

ヘアサロンで白髪染めを行うのは、プロの技術で染め残しなども一切起こりませんしヘアサロンで使用されているヘアカラーも高い美容効果があることから多くの女性に人気になっていますが、一ヶ月に一センチ髪が伸びるため生え際を定期的に染める為に頻繁にヘアサロンに通っていると、コストがかなり高くなってしまう恐れがありますので気軽にヘアサロンに通う時間が無い方や、節約を出来るだけ行いたいと思っている方も少なくないのです。

 

そこでコストを最小限におさえたいと思っている方におすすめなのが、ドラッグストアやスーパーマーケットなどで気軽に手に入れることができる白髪染めキットの購入です。最近では白髪染めのカラーバリエーションもかなり増えてきており、自分の希望するカラーに簡単に染めることが出来る上に、発色が鮮やかで初心者でも簡単に染めることが出来るなどカラーリング剤の質もかなり向上していることから、多くの女性が普段からヘアケアの一環として白髪を綺麗に染めることが出来るカラーリング剤を利用しているのです。

 

 

ただカラーリング剤には様々な種類があり、初めて自分でカラーリングをする際にはどのタイプを利用すれば良いのかわからないという方も少なくありませんし、タイプによっても染める方法が大きく異なってきます。そのため初めて利用する場合には美容情報サイトや口コミサイトなどを参考にして商品の人気度をチェックしてみたり、実際に利用している方の商品レビューを参考にして商品選びをしてみることをおすすめします。

 

カラーリング剤選びのポイント

カラーリング剤には大きく分けてヘアカラー、ヘアマニキュア、一時染めの3つに分けられます。一番ポピュラーなカラーリング剤として人気があるのがヘアカラータイプで、この商品にもクリームタイプと泡タイプの二種類が販売されています。

 

部分的な使用をこまめに行いたいときには、専用のブラシで鏡をチェックしながら少しずつ塗布していくクリームタイプが使いやすいです。クリームタイプならキャップをしめておく事で次回分に保存しておくことが出来るのでコストパフォーマンス的にもとても使用しやすいメリットがあります。

 

泡タイプは髪全体をまんべんなく染めたい時に使用するとかなり簡単に短時間で使用することが出来ます。泡タイプの最大のメリットは鏡を見なくても泡を髪全体に揉み込むだけで髪全体にカラーリング剤が浸透していくので頭頂部から毛先までしっかりムラなく染めることが出来るメリットがあり、初心者でも使用しやすい特徴があります。

 

ただ一度で使い切らないと行けない製品などもありますので、カラーリングの際に買い替えをする必要があるのがポイントです。このようにヘアカラーは一番人気の高いカラーリング剤で、市販されている白髪を染めることが出来るアイテムでも一番色持ちが続く特徴もあり、利用者が増えてきている傾向にあります。

 

 

ただヘアカラーは髪の毛の組織であるメラニン色素を分解して、カラーの染料を髪の内側まで浸透させることにより色を定着させ白髪を染める方法となりますので、髪質が弱い方や頭皮にアレルギー反応がでてしまった場合などに使用すると頭皮と頭髪にダメージを与えやすくなってしまう注意点もありますので、そのような場合はヘアマニキュアを利用する方法を利用する方が多いです。

 

ヘアマニキュアの特徴はヘアカラーは髪の色そのものを変えるのに対し、ヘアマニキュアは髪の表面だけを染料が覆う事で髪色を変えるので頭髪のダメージが少なく、更にツルツルとした質感となりますので綺麗な仕上がりにすることが出来ます。

 

ただヘアカラーに比べて色の長持ちがあまりしないので、定期的に自宅でカラーリングをすることが必須となります。全体的に白髪が少ない場合は、カラーリングをして無理に髪を傷めるよりも一時染めタイプを利用する方も増えてきています。

 

この一時染めとはヘアカラーやヘアマニキュアのような髪自体にカラーリングをするのではなく、外出する際や来客時に合わせて専用のカラーリング剤で生え際をリタッチして使用します。染料を髪に使用するため髪を洗えば綺麗に色は落ちますし、部分的に隠したい場合にはそれでも充分に綺麗な仕上がりになるので気軽に使用することが出来るメリットがあります。

 

ただ髪に染料を使用しており、防水効果がある製品もありますが擦れると色が落ちてしまったり、帽子などをかぶった際に色が帽子に付着してしまう恐れがあることから使用する際には汚れに気をつける必要があります。

 

このような製品の他にも、バスタイムなどに気軽に使用することが出来るヘアカラートリートメントなども人気があります。

 

この商品の特徴はヘアカラーなどの化学薬品を利用したカラーリングではなく、昆布やヘナなどの自然由来の染料をシャンプー後の髪にトリートメントとして毎日使用することで、段々髪に色味がついてくるオーガニック仕様のヘアケアアイテムになっています。

 

カラーリングには時間がかかりますが、毎日使用することで段々色味がついてくるのでいきなり染めたと周りに気づかれにくく、更に自然由来の成分を利用していることやトリートメントによりヘアダメージを改善する美容効果も得られるので、しっとりとした美しい髪を手に入れることも可能となり最近では利用する女性が増えてきている特徴があります。

 

白髪染めオススメTOP3

染めても染めても、伸びてくる白髪‥毎月ゆううつですね。ヘアサロンで染めると時間もお金もかかるし、年間で考えると馬鹿になりません。そこで、最近では、自宅で染める人も増えています。しかも、自宅用の白髪染めは、日々進歩していて、きれいに染まるうえに髪にも肌にも優しいという嬉しい製品も多いのです。

 

そこで、長年白髪に悩んできた白髪染め人が独自に調べた白髪染め製品をランキング形式でご紹介いたします。

 

 

利尻ヘアカラーの特徴

自宅で白髪染めをしている人の中では定番と言って良いほど有名な製品になりました。製品の「利尻」は、上質なことで知られる北海道の「利尻昆布」から来ています。

評価 評価5
利尻ヘアカラーの総評

■保湿成分がたっぷりできしみ知らず
昆布といえば、ネバネバしていますね。そう、この製品には、利尻昆布のエキスが入っているのです。白髪染めをする際の一番の悩みは、髪がきしむことです。特に自宅で染める製品は、確実に髪を染めるために染料や薬剤がきつく、その分ヘアサロンで染める場合と比べてとても乾燥してきしむという事がありがちでした。
その点、この商品はネバネバした利尻昆布のエキスのほか、コスメアイテムでもよく使用されるローズマリーやカミツレ、さらには漢方薬として珍重されてきたオタネニンジンなど、豊富な保湿成分がなんと28種類もぎっしりと配合されています。
しかも、全て天然由来の成分なので、白髪を染めても髪や肌にストレスを与えにくいのです。

■髪が健康になる白髪染め
白髪染めやパーマは、薬剤が入っているため、回数を繰り返すたびに髪が傷んでいくもの。それが、今までの常識でした。しかし、利尻ヘアカラーを使い始めると、「髪のハリやコシが戻ってきた」「ツヤが増した」など、嬉しい声が続出しました。
それは、利尻昆布はじめ、28種類の天然由来成分でしっかり髪が保湿される上に、ダメージ補修成分、さらに保護成分もたっぷり含まれているからです。
紫外線やヘアケアでダメージを受けた部分をトリプルPPT成分が補修し、ヒアルロン酸やデンプンポリマーが補修した箇所をしっかり保護してくれるのです。

■乾いた髪にも使用できる
トリートメント白髪染めの製品は、シャンプーのあとに使用するのが一般的ですが、髪が濡れた状態で塗ると、たれて顔や首筋についてしまうのが気になったり、時間を置く間に湯船に入ってしまうのではと思うと湯船につかりにくいという声があります。
その点、この製品は乾いた髪にも使用できる点が便利です。
髪が乾いた状態ですと、染める前にクリップなどでブロッキングしやすく、たっぷり塗ってもたれにくいので塗る作業がとてもはかどります。また、ケープなどで服を保護すれば、温かいお部屋で白髪染めができますので、寒い季節には助かりますね。

■カラー展開は4色
ライトブラウン・ダークブラウン・ブラック・ナチュラルブラウンの展開です。

 
 

レフィーネの特徴

レフィーネのヘアケア製品も、登場以来その実力でじわじわと人気を増してきました。 その特徴は、何と言っても使用したあとの髪の指通りがなめらかになることです。

評価 評価4.5
レフィーネの総評

■しっかり染まるのにはワケがあります
白髪染めを含め、髪のカラーリングには、「やればやるほど痛む」という悩みがつきものです。
カラーや白髪染めで髪が痛むのは、カラー剤に含まれているアルカリ剤によって髪の表面を覆って保護しているキューティクルが剥がれ、そこからどんどん髪の水分やタンパク質が抜けていくからです。
そうすると、髪の弾力がなくなり、どんどんパサパサになっていき、枝毛ができ、さらにその枝毛が刺激となって髪の毛が痛む‥という負のスパイラル現象が起きるのです。
その点、レフィーネの白髪染めは、髪を染める仕組みから改善しています。
つまり、キューティクルを剥がしてしまう刺激性の高い薬剤を使用せず、色素を髪の表面に定着することで、髪のキューティクルを痛めずに染め上げるのです。
そのため、「刺激が少ない、髪が痛まないのによく染まる!」と評判になったのでした。

■頭皮ケアの成分が16種類配合
この白髪染めには、髪をしっかり染める成分だけではなく、髪を補修したり保護する16種類ものケア成分も配合されています。
ミントやアロエなど、頭皮をすっきりさせ保湿する成分のほか、さらにパンテノールや酵母など、体の中からも働く美容成分が新たに加えられています。
ミントなどこれらの成分は、スカルプケアにも有効なため、頭皮がすっきりします。

■カラー展開は5色
カラーは、一番人気のあるダークブラウン、ライトブラウンのほか、こっくりした色合いのマロンブラウン、華やかなローズブラウン、そしてナチュラルブラックの5色が展開されています。
ライフスタイルや好みに合わせて選べるのも嬉しいポイントですね。

 
 

ルプルプの特徴

髪に優しい白髪染めといえば、ルプルプも実力派として人気です。

評価 評価4
ルプルプの総評

■フコイダンで保湿効果抜群
がごめ昆布由来のネバネバ成分「フコイダン」が配合されているため、保湿効果が高く、白髪染めをしても髪がきしみません。
この点は、第1位の利尻ヘアカラーと共通しています。

■天然成分由来の色素で低刺激
白髪染めやカラーリング剤に含まれる刺激のある成分を、最小限に抑えるため、色素にも天然成分を採用しています。
紅花、クチナシ、藍などを絶妙なバランスで配合してあるため、髪に負担をかけるのを抑えながらしっかりと染め上げます。
天然色素を使用していますので、染めている間に手についた場合でも、石鹸で洗えばきれいに落ちます。顔などに染料がついてしまいなかなか取れないというリスクはないのが助かります。
また、染まりやすく痛みにくい絶妙な「微アルカリ性」のうえ、キューティクルを少しだけ開いて天然色素を浸透させる方式なので、髪を痛めません。

■ブラックが2種類展開
ルプルプのカラー展開は、ブラウンがソフトからモカ、ダークと幅広く展開しているのと同時に、ブラックも「ソフトブラック」「ナチュラルブラック」の2種類があるのが特徴です。
ブラウン系では明るいけれども、ブラックではトーンが暗くなりすぎるのが悩み‥という方は、ナチュラルブラックを選ぶと良いですね。