白髪染めは何色にすればいい

MENU

基本的に白髪染めと言えば黒色に染めるのをイメージするでしょう。また関西などは紫のイメージが強く、派手目なファッションであれば金髪に染めるケースも多いでしょう。しかし、最近はあえて白に染めるのが流行っています。

 

完全に白い髪の人は、おそらく黒に染めようとあまり思わないでしょう。なぜなら、すべて色を変えるのは大変ですし、全部が白ならそれはそれでよいかとなります。また全部が白いという人はわりと年齢の高い人が多いので、逆に白い方が似合うというのもあるはずです。

 

あえて白く染める?

しかし最近では若い人でも白にあえて染めている人もいますし、中途半端に白と黒が混じっているから全部白にしてしまおうというのもあります。年配の人であればもちろん白い髪は似合いますし、若い人でも顔が若くて髪が白いというので神秘性が出てきます。

 

 

ミステリアスで知的な雰囲気が出てくるので、ファッションも普通なのに少し黒髪の人とは違った印象になりやすいです。無難なファッションでも一風変わった感じになるのはお得でしょう。また髪質がきれいであれば、女性の白髪も美しいという印象になります。

 

女性の場合でもミステリアスな感じになるのですが、白い髪の美人というのはアニメブームである昨今では人気がでることは間違いないでしょう。染めたのではなくて勝手に白髪になったのであれば、それはそれで活かしていくというのは良い選択です。

 

白髪に合う髪型とは

男性の場合、白髪は短髪が合う傾向にあります。短髪であっても硬さがなくなり、知的な印象になります。逆に長くなるとどうしても不潔な印象になりやすいです。黒髪の場合は短髪では場合によってはダサい印象になってしまうケースも多いのですが、白色だと七三などでも決まりやすいです。

 

若白髪で七三というのは天才のようなオーラが出てきます。女性の場合も長くなるとなんとなく年齢が高く見えてしまうので、白髪のショートというのは良いです。人にもよりますし、髪質で変わってもくるのですが、黒髪よりは短めの方が合う傾向にあるでしょう。

 

清潔感はあるが、どこか垢抜けない印象になりがちなショートでも、髪が白いことによってインパクトのあるスパイスになります。これは男女共通で言えることでしょう。工夫なしに短めでも勝手にアクセントがつくというのはかなりお得です。

 

年齢の印象が高くなる場合もあるのですが、顔によっては真っ黒の髪が逆に合わないというケースもあるので、本人の好みやバランスです。このように、最近は黒が良いという絶対的なものもなくなっており、白髪を活かすというのもありです。

 

また、もっとも多い悩みというのは、白と黒がまだらになってしまうということでしょう。混じると実際清潔感を損ないやすいというのは事実です。これは単純にごちゃごちゃした印象になりやすいからです。しかし、逆に言えばこれもアクセントになります。

 

黒髪の人は短くすると子どもっぽくなったり、垢抜けない印象になるということに悩んでいる人が多いです。たしかに清潔感はあるのだけれども、なんとなく冴えないという感じです。そのため、あえて無造作にして清潔感と引き換えにしてでもアクセントを出すことを目指します。

 

これに対して、白髪交じりの人は短く清潔にしてさえおけば勝手にアクセントが出るので便利です。伸びてくると黒い髪の人よりもボサボサしている印象が出てしまいやすいのですが、短く清潔感さえ保てば勝手にアクセントがつくので良いです。

 

実際適度に髪を切ることよりも、長い無造作をキープするなどの努力の方が圧倒的に面倒です。だからこそパーマをかけたり髪を染めたりするのです。黒そのままで短髪で直球勝負というのはやはりなんとなく難しいと感じている人は多いです。

 

 

特に童顔の人はちょっと老けた子供のように見られることを嫌がっている人は多いです。白髪交じりも勝手にアクセントが入ったくらいの感じでいくのは良いでしょう。そのような状況を踏まえても、自分の感覚やファッション的に白髪を染めたいということであれば、それも良いでしょう。

 

逆に白髪はちょっと飽きたから一時的に染めてみるなどもありです。髪が白いだけで恋愛対象にならなかったり、嫌な印象を持たれるということはほぼないでしょう。見せ方の問題です。仮に白髪交じりが不潔に見えているとすれば、それはどちらかというとその状況に合った髪型にできていないという場合が多いでしょう。

 

もしくはカラーに関係なく不潔な感じではあるけれど、白髪混じりなことが不潔感を加速させているなどのことも考えられます。なんにしてもファッションや顔も含めたトータルバランスの問題なので、どのカラーが良い、白と黒が混じっていたらダサい、のように一元的に言えることではないのです。

 

ファッションと同じで、よほどのアイテムでなければそれ単体でオシャレにもダサくもならないです。組み合わせの問題で、全体のバランスですべてが決まります。

 

関連ページ

白髪染めでおすすめの商品とは
コンビニや薬局に置いてあるものでも高いものを取り寄せてもさほど変わらないので、見つけたやつを買うか通販で口コミ上位のものなどを買えば間違いないです。
白髪染めにメンズはあるのか
白髪染めのなかにもメンズ用というのはあるのはありますが、基本的には男女共用です。
白髪染めにヘナを使用するメリットと使用方法
ヘナによる白髪染めは密かに人気があり、通常のヘアカラーの代わりとして白髪対策に使用されている人もいるのです。
白髪染めトリートメントの良さと選ぶ時のポイント
便利なアイテムとして白髪染めトリートメントがあります。近頃ではとても人気があり白髪対策の定番の方法になりつつあるのです。