白髪染めにヘナを使用するメリットと使用方法

MENU

ヘナによる白髪染めは密かに人気があり、通常のヘアカラーの代わりとして白髪対策に使用されている人もいるのです。ドラッグストアやネット通販でも販売されていますので自宅で行えるほか、美容院の中にも施術メニューとして用意しているところもあります。

 

気になるのが、「どのような良さがあるのか?」についてかと思われますが、一番のメリットとも言えるのが髪と頭皮へのダメージになるリスクが低いことです。

 

ヘアカラーの場合は化学薬品の力で色を入れていくということもあり負担になってしまうことがあります。また、アレルギーが起こってしまうこともありますので、頭皮が炎症を起こしてしまうだけでなく顔にも症状が出ることもあるのです。普通に売られており当たり前のように使用されているヘアカラーでもありますが、注意して使用しないと意外と危ない存在でもあります。

 

ヘナによる白髪染めの特徴

 

 

その点、安全性が高いのがヘナであり、そもそもこれは植物を用いた染め方です。天然植物が持つ染め効果を利用して白髪に色をつけますので髪にも頭皮にも優しく使用することができます。一度染めてから日を空けずに連続してヘアカラーをするのはリスクがありますが、そんな心配もなく使用することができますし、それだけ優しい成分で染めることが可能なのです。

 

ただ人それぞれ体質がありますから初めて使用する場合はパッチテストで安全性を確認するのが守るべきポイントと言えます。トリートメント効果がありますので髪にとって優しいだけでなく、髪をキレイにすることを目的に使用できるのも特徴です。

 

髪をコートする働きがありますからパサつきを整えたりまとまりを良くすることができます。また、ハリコシが高まる効果にも期待ができるため、髪のボリュームが気になりはじめた時にも便利です。なお色を入れずに使えるクリアタイプもあります。

 

そのため白髪には困っていない人でもトリートメントとして使用することができますし、前述したように髪と頭皮にも優しく使えますので安全にコンディショニングをしたい時に良いと言えるでしょう。

 

デトックス作用があるのも通常の白髪染めとは異なるメリットです。頭に使用するものですのでデトックスと言われてもピンとこないかもしれませんが、しかし経皮吸収というメカニズムで体内にも成分が入ると言われています。そしてデトックスに関係する肝臓の働きを良くしてくれる作用もあると言われ、それゆえに白髪対策をしながら毒素の排出の促進にも期待ができるのです。

 

植物の香りによるリラクゼーション作用もこの染め方の魅力のひとつです。ニオイは好き嫌いがありますので合わないこともあるかもしれませんが、しかしながら安らぐ香りに感じるという人も少なくありません。ヘラカラーですと独特のツンとしたニオイが強い場合があり苦手は人は多いですが、そうしたニオイが嫌な場合には自然の香りの中で染められるこの方法を選択するのも良いと言えます。

 

ヘナによる白髪染めの使い方

 

 

以上のような良さがあるのがヘナのメリットですが、続いて使い方に関しても見てみましょう。まず先に洗髪を行っておくのが望ましいです。化学薬品のように強力な染め効果があるわけではない植物成分ゆえに、クリーンな状態で使用した方が仕上がりが良くなります。

 

続いて専用の粉をぬるま湯で溶いていきますが、マヨネーズくらいの固さが目安です。柔らかすぎたり固すぎると塗布しにくくなってしまいます。ペーストができたら全体に塗り広げましょう。その際には素手で塗布していくやり方でも問題ありません。

 

安全な成分ですので直接つけても手荒れを起こすリスクは低いですし、手でやった方が細かいところまで塗布することができるはずです。手に色がついてしまった場合でも洗えば落ちますが、ニオイが手につくこともありますから気になる場合はビニール手袋を使うなどしてやると安心です。

 

全体に塗り広げたらラップで頭を巻き、そしてその際にはドライヤーで頭を温めるようにしましょう。キューティクルを開くことで色が入りやすくなります。最後に保温性の高いキャップをかぶって準備は完了です。待ち時間としては1時間くらいでも良いとされていますが、髪質によっては色が入りにくいこともあります。

 

また室温が低い場合で着色具合が違ってきますので、適宜調整していくことが必要です。もし色が入りにくい場合は待ち時間を長くしても良いですし、仮に極端に時間を長くしても髪や頭皮が傷むリスクは低いです。時間が経過したらシャンプーを行い完了ですが、その際にはしっかりとすすがないと色がタオルや枕などに付着してしまいますので注意が必要です。

 

なお染めた直後は明るくなりすぎてしまうことがあるものの、通常は2〜3日程度で落ち着きます。もし白髪がしっかりと染まっていない場合は翌日にまた行うこともできます。ただし、作り置きをしているペーストの場合ですと染色効果が落ちてしまっていることもありますので、再度染める場合はその都度ペーストを作った方が良いでしょう。

 

関連ページ

白髪染めでおすすめの商品とは
コンビニや薬局に置いてあるものでも高いものを取り寄せてもさほど変わらないので、見つけたやつを買うか通販で口コミ上位のものなどを買えば間違いないです。
白髪染めは何色にすればいい
基本的に白髪染めと言えば黒色に染めるのをイメージするでしょう。また関西などは紫のイメージが強く、派手目なファッションであれば金髪に染めるケースも多いでしょう。
白髪染めにメンズはあるのか
白髪染めのなかにもメンズ用というのはあるのはありますが、基本的には男女共用です。
白髪染めトリートメントの良さと選ぶ時のポイント
便利なアイテムとして白髪染めトリートメントがあります。近頃ではとても人気があり白髪対策の定番の方法になりつつあるのです。