白髪染めでおすすめの商品とは

MENU

白髪染めは他の色にカラーリングするのと同じで、髪のキューティクルを開いてそこに染料を流し込みます。その仕組みは変わらないので、どの商品を使ってもたいして変わらないでしょう。コンビニや薬局に置いてあるものでも高いものを取り寄せてもさほど変わらないので、見つけたやつを買うか通販で口コミ上位のものなどを買えば間違いないです。

 

というよりも何を買っても染まらないということにはならないです。なので、染めたいのであればすぐにやってみることをおすすめします。しかし、そもそも白髪を染める必要はあるのかという問題があるでしょう。

 

そもそも白髪を染める必要がある?

本人のファッション的な問題であればそれは良いでしょう。しかし、印象を気にして染めるというのは微妙かもしれません。最近は白髪自体が悪いというものでもなく、自然な感じで活かしていこうという方向になっています。また、若い人でもあえて白く染めている人もいます。

 

恋愛的にも、白髪は老けて見えるから不利と思われがちですが、実際はそうでもないとう意見も多いです。むしろ白髪が知的な印象に見せたり、落ち着いて見えて好印象になるケースも多いでしょう。これは男性だけでなく女性でも同じで、女性は若くなければならないという価値観も変わってきています。

 

 

そして、結局のところは顔が良いと髪型も髪色も良く見える場合がほとんどです。白髪も良い印象になるでしょう。逆に言えば、元の顔が悪ければ髪が黒だろうと白だろうと関係ないです。髪は補助的なものではあるので、メインの顔の印象がほとんどです。ただ、髪の色はそうなのですが、髪型に関しては清潔感と言われるように整えておいて間違いないでしょう。

 

これに関しては顔が良くても髪が整っていないのは印象が悪いです。顔はいいけど髪が白いから無理とはならないですが、顔はいいけど髪が整っていないからいやというケースはありえます。白髪を染めるよりも髪を切る方が簡単なので、やっておくと良いでしょう。

 

髪を染めると髪も頭皮もある程度は傷むので、あまりやりたくないものでもあるでしょう。茶色に染めるのは色の差が少ないので、多少根元から黒い髪が生えてきても目立たないです。しかし、白髪が根元から生えてくれば目立ちます。

 

その解決策としては、やはり白髪を活かす方向で考えていくことでしょう。たまに染めてみるというのは良いのですが、継続的にやっていくのは面倒ですし、そこまでする意味があるのかという問題があります。黒髪に合う髪型もあれば白髪交じりに合う髪型もあります。なので、合うように変えていくだけなのにわざわざ染めるという選択は合理的ではないということです。

 

白髪を活かす髪型とは

そして、白髪をいかすには基本的に短めの髪型が良いでしょう。黒髪では短いと幼く見えたり、垢抜けない冴えない印象になりやすいですが、白髪が交っていることによって、逆にオシャレな感じが出てきます。

 

シンプルに短めの清潔感のある髪型であっても、白髪があるとなんとなく色合い的にも洗練された印象に見えるでしょう。逆に白髪の場合は伸びてくると汚らしくなりやすいので、短めにしておいた方が良いです。また白髪は髪に元気がなくこしがないということもあります。

 

なので長くなるとだらしないだけの感じになります。それも踏まえて短髪がおすすめです。また男性であれば短髪は硬い印象になりやすいですが、これも白髪によって印象が変わってきます。硬い髪型でも知的な印象に見えやすいでしょう。

 

刈り上げなども色のグラデーションが少なくなるので自然にはまります。これらの特性を把握し、活かしていくことによって、効率的に良い印象にしていくことが可能です。白髪を染めることがコストパフォーマンスの良いことなのかをいったん考えてみるというのは良いです。

 

客観的な理由なのか主観的な理由なのかにもよりますが、主観的な理由ならばそのまま染めてみると良いでしょう。しかし、客観的な理由であるとすると、本当にそれで印象が良くなるとのかと言う話です。印象ばかり気にしても意味ないのですが、ある程度自分がどう思われているのかという観点は必要でしょう。

 

しかし、それに振り回され過ぎると、何もできなくなります。人の目が気になるというのは良い面もあるのですが、悪い面もあります。なので、それらのバランスを取っていくということです。人目を気にしなさ過ぎて清潔感もまるで無視というのは問題があります。

 

 

しかし、過剰に人の目を気にしているせいでファッションなども全部印象が良くなるようにしているというのは、楽しむという観点が欠けています。またあまりにも印象の良いことばかりをやりすぎると、逆に胡散臭く見えてきます。

 

白髪の問題にしても同じですが、人からの印象を考えてする行動と、自分が好きでやっている行動の両方が必要です。どっちかに偏っていると現代社会では困る可能性が高いです。ファッションも食事も何事もバランスは重要です。

 

関連ページ

白髪染めは何色にすればいい
基本的に白髪染めと言えば黒色に染めるのをイメージするでしょう。また関西などは紫のイメージが強く、派手目なファッションであれば金髪に染めるケースも多いでしょう。
白髪染めにメンズはあるのか
白髪染めのなかにもメンズ用というのはあるのはありますが、基本的には男女共用です。
白髪染めにヘナを使用するメリットと使用方法
ヘナによる白髪染めは密かに人気があり、通常のヘアカラーの代わりとして白髪対策に使用されている人もいるのです。
白髪染めトリートメントの良さと選ぶ時のポイント
便利なアイテムとして白髪染めトリートメントがあります。近頃ではとても人気があり白髪対策の定番の方法になりつつあるのです。