白髪染めは他のカラーリングと同じ

MENU

白髪染めは他のカラーリングと同じで、キューティクルを開いてそこに染料を注入します。これは染料液をつけてしばらく置いておくと勝手に染めてくれます。しかし、当然髪や頭皮にまったくダメージがないわけではないので、やらなくて良いのであればやらないに越したことはないでしょう。

 

白髪を染める目的

白髪を染める目的にもよりますが、自分のこだわりなどであればそれは良いです。ファッションの好みなども人それぞれなので、髪は白よりも他の色の方が合うというのであれば、染める理由になります。しかし、周囲の人が白髪だと歳を取っていると思うのではないかといったネガティブな理由であれば、染める必要がない場合も多いです

 

 

髪が完全に真っ白である場合はもちろん、白髪交じりでも十分に清潔感を出して老けて見えないようにすることも可能です。そして若くてもあえて白髪に染めてオシャレにしている人もいれば、白髪を染めて結果的に顔とのバランスがかえって悪くなっている人もいます。

 

白髪の人にオススメな髪型

髪によってたしかに老けて見えたりするのですが、髪の色よりも髪型が問題の場合が多いでしょう。なので白髪であっても清潔にそろえておけば問題ないですし、逆に白髪をよく見せることも可能なのです。これには美容師の腕がいるというよりは、黒髪よりも基本的に白髪の方が短い方が合うなどのことを意識すると良いです。

 

絶対にこの法則があてはまるわけではないのですが、黒髪の方が短髪だと物足りない感じになりがちです。それを本人も気にするからこそパーマを当てたり染めたり、無造作にしてみたりするのです。これらの行動は清潔感と言う観点で言えばむしろマイナスに作用します。

 

無造作な髪型よりも短髪の方が清潔に見えるというのはあるでしょう。しかし、これをあえて長くする人もいるということです。逆に白髪交じりであれば、短髪で清潔感を意識するだけで白がアクセントになります。まず子供っぽくなることはないですし、何か物足りない感じにもならないです。

 

そもそも男性であれば短くしてしまえば多少の白髪もわかりにくいですし、少し見える短髪の白髪が渋くなります。女性でもショートで清潔感があれば、その人の苦労などが逆に魅力に見えたりします。髪質がきれいであったり、顔がきれいであれば逆に髪が白いことに興味を惹かれるというのもあります。

 

要するに、髪の色よりも髪質などの方が重要で、もっと言うのであれば当然顔が重要です。これに関しては何をどうしてもある程度の限界があるので、清潔にしてくくらいの感じで良いでしょう。また髪色や髪型の好みも千差万別です。

 

自分の好きなようにやっていくのと同時に、ある程度清潔感や周囲のことを気にするくらいで問題ないです。むしろ印象をよくしようとしすぎるとそれが表れてマイナスになる可能性も高いです。人は外見でないということが言われたり、内面が外見に出るということも言われます。

 

これらはケースバイケースとは思いますが、外見にまったく内面が出ない人はいないでしょう。一律判断するのは良くないですが、ある程度の印象には必ずなります。程度の差がありますが、たとえば真冬に海パンに超ロンゲの出で立ちで私はまともな人間ですと言ったとしても、おそらくそれは無理です。

 

言われた方はどう反応して良いか困るでしょう。その格好の選択をしたのは本人なので、不審な格好の本人が外見で人を判断するなと言ってもまったく説得力がないでしょう。それなら外見で判断されるような恰好をするなということになります。

 

もしくは外見で判断されるような恰好を選択したのは自分なのでそれに対して文句を言うのは明らかにおかしいということになります。これらをトータルで考えると、外見で特に判断されないようにしておけば、あとは好きにしても問題ないと言えます。

 

 

あまりにも無難にしようとするとかえって変な感じになるのですが、その辺のバランスがセンスと言えます。髪型も同じで、変なものを選択するには当然ながら批判の目があります。なのですが、白髪に関してはそれはないということです。

 

勝手に白くなっていて、また清潔に整えているのなら別に良いでしょう。外見での判断では実は表情も重要です。自分の表情というのはあまり意識しませんし、相手も無意識的に判断する場合も多いです。誰彼構わず笑顔を振りまけということでもないのですが、そういった事実があるということだけです。

 

結局のところはある程度は気にしても過度に気にしてもあまり意味ないです。相手にどう思われるか気にしていくというよりも自分の目的に応じて変えていく感じが良いです。人の価値観がそもそも違っているので、みんなの印象をよくするのは難しいですし、目指す必要もないです。

 

特に日本人は思っていることを言わないケースも多いので、気にし過ぎるとドツボにはまるでしょう。逆に無視し過ぎるのもよくないので、最低限気にしていればあとは好きなようにやれば良いです。

 

関連ページ

白髪染めはいつから行うと良いか
白髪が増え始めてきた時にいつから始めればいいのか悩んでしまうこともあります。黒い髪の毛のなかに数本でもあれば目立ってしまう白髪なので、できれば早めに白髪を目立たなくするようにするほうがいいのです。
部分的に白髪染めをする
実際白髪に悩んでいるひとの多くは、部分的に白髪のある人でしょう。部分的というのは、一か所に固まっているという場合もあれば、まばらに白髪交じりという場合もあるでしょう。
ヘアマニキュアで白髪染めをするには
ヘアマニキュアを使用して一時的に白髪染めをすることが可能です。これはシャンプーで何回か洗えば落ちてしまうものなので、普通のマニキュアと同じようなものです。
白髪染めの泡で染めるタイプ
白髪染めには液状のタイプやシャンプータイプや泡のタイプがありますが、泡のタイプのものは全体にまんべんなく付けやすいです。
白髪染めに使えるシャンプーとは
シャンプータイプのものが便利です。毎回のシャンプーに少量の髪を染める成分が含まれているので、シャンプーしていれば徐々に髪が黒くなっていきます。
市販の白髪染めで問題ないのか
最近は市販でもなんでも良いものが売っているので、市販で十分です。医療用などが良い場合もあるのですが、白髪は病気ではないので良いです。