ヘアマニキュアで白髪染めをするには

MENU

ヘアマニキュアで白髪染めをする

ヘアマニキュアを使用して一時的に白髪染めをすることが可能です。これはシャンプーで何回か洗えば落ちてしまうものなので、普通のマニキュアと同じようなものです。使用目的は人によりますが、髪を白以外の色にしたいときに使用します。

 

わかりやすい例としては婚活パーティー前にちょっと使うような感じでしょう。これは一時的なものというデメリットもあるのですが、髪が傷まない上に手軽という点がメリットでしょう。普段は白くても困らないけれど、この時だけは白髪染めしたいという人には良いです。

 

しかし、特に白髪で大幅にマイナスになる場面というのはあまり考えにくいので、特別使う必要があるものでもないです。ファッションが好きな人などであれば、今日は髪を黒くしようといった軽い感じで使用できるのも良い点でしょう。

 

全体的に黒目のファッションであればむしろ髪が白い方が映える場合が多いのですが、古着っぽい格好をしたいとなると白だと汚く見えるという場合もあるでしょう。しかし、最近は若い人でも髪をあえて白く染める人もいますし、顔が若くて髪が白いと知的でミステリアスな雰囲気になったりします。

 

普通に白髪の人はそんなものをねらってるわけではないですし、顔も若いわけではなければ普通に白髪になるのですが、基本的には白くても問題ないという一例です。またある程度年齢がいっていると髪を黒くしすぎても逆に合わないという場合もあります。

 

 

本人は染めて若返ったと思っていても、そうでもなかったりします。たしかに髪が相手に与える印象年齢は大きいのですが、髪だけが若く見えれば全体が急に若く見えるというものでもないです。そして髪の色もさることながら髪の質感なども重要です。

 

髪が黒くても染めることで傷む可能性もありますし、逆に白くても綺麗な髪質だと渋さや色気が出ます。また男性であれば短めに整えてしまえば白色も清潔感がありますし、女性も整えていれば不潔な感じにはならないです。

 

白髪が増えてきた人があえて全部白く染めるというケースも最近は多いです。わりと黒と白の中途半端に混じった状態を嫌がる人が多いでしょう。完全に白くなったらもう染めることもせずにそれを活かす方向で考えるけれど、中途半端に混ざっているとどうしてよいかわからないという状況です。

 

たしかにじゃっかん小汚い印象になりやすいという問題はあります。なんとなく色が混ざっていると汚い感じはします。しかし、逆にきれいに整えれば適度に味が出ます。結局のところバランスの問題なので、黒髪の人が無造作な髪型にあえてしたりするのです。

 

黒髪で七三わけにしていたりすると、きっちりしていておぼっちゃまな印象が強くなりすぎたりします。逆に完全に白髪で七三だとおじいちゃんぽくなるかもしれません。ここで白髪と黒髪が混じり合った七三であれば、きっちりした髪型に少しスパイスが効いていい感じになったりします。

 

全体のバランスを考えて髪の色を決める

もちろんこれは人にもよりますし、見る人によっても変わってきます。これに関してはファッションと同じでしょう。しかし、こういった例があるということを知っておき、バランスを取るように考えれば髪の色はいろんな選択肢があるのだということです。

 

白髪は印象が悪いし、まだらも印象が悪いから何がなんでも黒染めしなければというように思う必要はないということです。これは男性だけでなく女性もそうなのです。若白髪の女性でも顔とのバランスによっては努力や苦労をしているのかなと考えさせたり、魅力的に映る場合も多いのです。

 

ファッションも髪型も、ある程度無難にしたいが、無難すぎても個性がないということになる場合もあります。髪に混じる白髪はある意味勝手に個性を作ってくれているようなものです。わざわざ茶色に染めたりしなくても髪に白が混ざることで同じ髪型でもオンリーワンになります。

 

 

完全に黒や完全に白の人にはそうはならないものです。全体的に言えることとして、白髪や白髪交じりの場合にはわりと清潔できっちりした感じの髪型の方が合う場合が多いです。イメージの問題も大きいのですが、白髪で無造作だと悪目立ちしすぎる場合が多いでしょう。

 

逆に黒髪の方が選択肢が多い面もあるのですが、どっちにしろ印象が良いのは清潔感がある感じでしょう。そう考えると白髪混じりの方がスパイスが効いて得な面が多いです。それほど気にする問題でもないというのが結論でしょう。

 

活かしかた次第で何色でも良いということです。しかし、それでも黒髪の方が好きという場合はあるでしょう。活かし方でどれでも可能なのですが、最終的には本人の好みの問題です。周囲がどう思うかというのは見る人にもよりますし、なんとも言えないのですが、本人が黒髪が良いのであればそれは黒の方が良いのです。

 

その理由が周りが白髪に悪い印象を持つからというのであれば考え直した方が良いですが、本人が黒が良いという理由であれば何も問題はないです。

 

関連ページ

白髪染めはいつから行うと良いか
白髪が増え始めてきた時にいつから始めればいいのか悩んでしまうこともあります。黒い髪の毛のなかに数本でもあれば目立ってしまう白髪なので、できれば早めに白髪を目立たなくするようにするほうがいいのです。
部分的に白髪染めをする
実際白髪に悩んでいるひとの多くは、部分的に白髪のある人でしょう。部分的というのは、一か所に固まっているという場合もあれば、まばらに白髪交じりという場合もあるでしょう。
白髪染めの泡で染めるタイプ
白髪染めには液状のタイプやシャンプータイプや泡のタイプがありますが、泡のタイプのものは全体にまんべんなく付けやすいです。
白髪染めは他のカラーリングと同じ
白髪染めは他のカラーリングと同じで、キューティクルを開いてそこに染料を注入します。これは染料液をつけてしばらく置いておくと勝手に染めてくれます。
白髪染めに使えるシャンプーとは
シャンプータイプのものが便利です。毎回のシャンプーに少量の髪を染める成分が含まれているので、シャンプーしていれば徐々に髪が黒くなっていきます。
市販の白髪染めで問題ないのか
最近は市販でもなんでも良いものが売っているので、市販で十分です。医療用などが良い場合もあるのですが、白髪は病気ではないので良いです。