市販の白髪染めで問題ないのか

MENU

最近は市販でもなんでも良いものが売っているので、市販で十分です。医療用などが良い場合もあるのですが、白髪は病気ではないので良いです。

 

また、美容院が勧めるものが著しく良いかというとそうとも限らないです。美容院で使うものがそんなに良いものであるならば、売れるので市販にします。さすがに利益が明らかに出るはずの商品を出さないわけがないということです。

 

また、白髪染めは根元からまた白いのが生えてくるので、毎回買うのに手間が掛かると面倒でしょう。

 

そして、そもそも染める必要があるのかと言う問題もあります。

 

そもそも白髪を染める必要は?

白髪は老化のイメージがありますが、元の顔が良ければ白髪も知的に見えたり魅力的に映ります。逆に元が悪いと、髪を黒々とさせたところで逆に髪だけ浮いていて変な感じがしたりします。結局はトータルのバランスで、当然ながら顔の方が重要な場合が多いです。

 

なので、わざわざ毎回染めているのに割に合わないというのは残念な感じがします。最近は白髪をオシャレにすることも流行っており、若い人があえて白く染めていたりします。そして老けて見えるということでもないので、白髪でも顔が若ければ問題ないです。

 

 

また顔が老けていれば髪だけ黒くしても効果が薄いか髪だけ浮きます。上述のようなことなので、費用対効果が薄い場合が多いです。しかし、自分がこだわりでやっているのであればそれも良いでしょう。人の印象を気にして毎回髪を染めるのは費用対効果が薄いですが、自分のファッションのこだわりでやっているのであれば判断基準は自分になるので、本人が納得していればなんの問題もないです。

 

白髪の人のおすすめの髪型

また、人の印象は何してもそんなに変わらないということで髪を放置しすぎるのも良くないでしょう。特に白髪交じりになると伸びると不潔感が出やすいので、定期的に切った方が良いです。そして無造作な髪型は辞めた方が良いでしょう。

 

黒色でもぼさぼさでナルシルトとオシャレのぎりぎりのラインを攻めるようなものなので、白髪交じりでわざわざやるようなものでもないでしょう。また、黒髪の人は短髪にすると子供っぽく見えたり冴えない感じになるから無造作にして頑張っている場合も多いです。

 

白髪が混じっていると勝手にアクセントになって普通の短髪や女性であればショートでもいい感じになったりします。陳腐な感じになりすぎないというメリットがあります。要するに、清潔にしてさえすれば勝手にアクセントになるので黒髪の人よりもお得な面もあります。

 

逆に清潔感を損ないやすいのがデメリットでしょう。バランスの問題なので、白髪という事実だけにこだわるのではなく、それを無くすも良し、活かすも良しという考えが最良です。そして、だいたいの場合は活かすでもなくすでもなく放っておけばそれはそれで自然な感じで馴染みます。

 

わざわざ何か労力をかけたわけでもないのに自然な個性になるというのは良いことです。わざわざ頑張って何かをして自分に個性をつけている人もいるので、何もしないという選択肢は費用対効果抜群です。費用が掛かっていないので、白髪がアクセントにさえなればトータルでプラスになります。

 

こうなってくると、白髪をどうするかというのはファッションの一環のような感じです。本人が気にしないのであれば特に問題ないですし、周囲の人もマイナスに思っていることもないでしょう。恋愛的な観点でも白髪だからだめとはならず、むしろその人の苦労してきたことなどをなんとなく想像するのでプラスに働く可能性が高いです。

 

ファッションとのバランスを

また勝手な印象でもありますが、誠実な印象が増す可能性が高いでしょう。白髪で髪も伸びっぱなしで汚いと誠実というよりは不潔な印象ですが、白髪で整っていれば落ち着いて見えるという感じになりやすいです。これは男女共通して言えることです。

 

 

ファッションにしても髪にしても言えることですが、多少オシャレに見えたりルックスが良くなることよりも、誠実そうに見えたり落ちついて見える方が圧倒的にメリットがあります。恋愛的にも男女問わず一緒にいて落ち着かない人は嫌なはずですし、仕事などでも多少いけている感じになっても浮ついた感じに見えると損が大きいです。

 

かといって徹底的に無難な感じにするのも硬すぎる感じになるので、その辺のバランスを取っていくと良いです。よく人間は外見ではなく内面だということが言われ、そのあとにだいたい外見に内面が出ると言われます。なので、結論的には内面を反映させた外見を意識すればよいということになります。

 

外見に内面の良さを出している感じにしておけばよいということになります。実際の人間性も外見には表情などとして自然に出るものですが、ファッションや髪型は真の人間性というよりはその人のセンス的なものです。そして、内面が良いように見せる方向にセンスを発揮した方がお得な場合が多いというわけです。

 

相手も無意識のうちに判断している場合も多いので、それは利用した方が良いです。

 

関連ページ

白髪染めはいつから行うと良いか
白髪が増え始めてきた時にいつから始めればいいのか悩んでしまうこともあります。黒い髪の毛のなかに数本でもあれば目立ってしまう白髪なので、できれば早めに白髪を目立たなくするようにするほうがいいのです。
部分的に白髪染めをする
実際白髪に悩んでいるひとの多くは、部分的に白髪のある人でしょう。部分的というのは、一か所に固まっているという場合もあれば、まばらに白髪交じりという場合もあるでしょう。
ヘアマニキュアで白髪染めをするには
ヘアマニキュアを使用して一時的に白髪染めをすることが可能です。これはシャンプーで何回か洗えば落ちてしまうものなので、普通のマニキュアと同じようなものです。
白髪染めの泡で染めるタイプ
白髪染めには液状のタイプやシャンプータイプや泡のタイプがありますが、泡のタイプのものは全体にまんべんなく付けやすいです。
白髪染めは他のカラーリングと同じ
白髪染めは他のカラーリングと同じで、キューティクルを開いてそこに染料を注入します。これは染料液をつけてしばらく置いておくと勝手に染めてくれます。
白髪染めに使えるシャンプーとは
シャンプータイプのものが便利です。毎回のシャンプーに少量の髪を染める成分が含まれているので、シャンプーしていれば徐々に髪が黒くなっていきます。