部分的に白髪染めをする

MENU

実際白髪に悩んでいるひとの多くは、部分的に白髪のある人でしょう。部分的というのは、一か所に固まっているという場合もあれば、まばらに白髪交じりという場合もあるでしょう。逆に全部白髪なのであれば、白髪染めをあえてしようとはあまり思わないでしょう。

 

部分的に白髪染めをする

そういう色の髪なので、白髪染めというよりは白い髪を単に黒に染めるような感じになります。そして、まばらも白髪がある状態というのは汚く見えてしまう場合も多いので、それを気にしている人は多いです。現代社会はストレスなどがかかりやすいので、若くして白髪がけっこうある人もいるでしょう。

 

そして、白髪というのは加齢のイメージがついてくるので、若く見られたいということで染めようとなります。しかし、最近は元は黒い髪でもあえて白く染めているような人もいます。実際髪がきれいで白く染めていると神秘的で知的に見えます。

 

 

これはその人にもよりますし、一概には言えないのですが、このような事例もあるということです。白髪をファッションとしてやっている人もいるので、勝手に白髪になったのであれば必ずしも黒く染めることだけが正解というものでもないということです。

 

たしかに髪が白いと老けて見えるというのはあるかもしれませんが、それ以上に顔の問題が多いでしょう。顔が童顔であれば髪が白いのも逆にアクセントになったりしますし、顔が老けているのに無理に黒く染めることで違和感を与える可能性もあります。

 

必ずしも若く見せようとすることだけが良いわけではないので、バランスよく見せていくことが重要です。同じ髪が白い人でも、渋さや美しさや知的さなど人によって醸し出す印象はそれぞれです。そして、白髪でも若く見える人もいます。

 

もともと色素が薄い人などは白髪になりやすく、そういう人は肌も白くて澄んでいる場合が多いです。かといって白髪なら色白が似合うということも一概に言えることでもないです。髪質によって綺麗に見えたり汚く見えたりもするので、髪の長さやファッションも含めてトータルでのオシャレや清潔感を考えていくと良いでしょう。

 

白髪に合うヘアスタイルとは

傾向としては、髪に白と黒が混ざっていると、汚く見える傾向にはあります。なので、短めに整えておくと清潔感が増しやすいです。黒髪だと短髪は冴えない印象や子どもっぽく見えるなどの悩みがありがちですが、白髪交じりであればそれがアクセントになるので短髪でも決まりやすいです。

 

女性もショートでも白髪があると知的に見えます。顔とのバランスなどもあるので一概に言えるものでもないですが、このような傾向にあります。ただし、ファッションも含めて、見る人によって印象はさまざまなので、自分が好きなようにするというのと、さすがに多くの人が不潔に思うようなのは辞めるなどの配慮が重要です。

 

細かい部分になるとどのようなものにセンスを感じたり、いやだなと思うかは人によるので、ある程度整っていればあとはけっこうなんでも良いということです。しかし、上述のようなことを踏まえても白髪を染めた方が自分として良いというのであれば、その選択肢も良いものです。

 

実際染めるというのは維持も面倒ですし、髪も傷むので、白髪も黒髪も時に楽しむような感じも良いかもしれません。気が向いたら染めるようなことです。重要なのは、そこばかり気にしないということでしょう。ファッションや顔も含めてトータルで外見は構成されていますし、表情なども重要です。

 

人の印象に髪の色は影響しますが、良い印象を持つかどうかにはあまり関係ない場合が多いでしょう。特に髪が白いのは勝手になったものなので、それで印象が悪くなる可能性は極めて低いです。元も子もない言い方をすれば、顔がかっこよかったり美人なら髪が白くても黒くても良いと思う場合が多いでしょうし、逆もしかりです。

 

これは、外見ですべてが決まるという話ではなく、外見に限って言った場合の、髪の色の位置づけの話です。また外見にこだわりすぎるのも微妙でしょう。特に男性であれば髪の色を気にしている時間を他のものに向けた方が有意義な可能性も高いです。

 

 

女性も同じでしょう。すぐに染める必要のあるものでもないですし、染めたところでしばらくしたら生えてくるものです。なので、現状たいして気にもしていないのであれば、放置でも問題ないです。本人が気にしていない以上に周りは気にしていないでしょう。

 

だいたいの場合はある程度清潔感があれば問題ない場合が多く、これは単に関わる人というだけでなく恋愛的な観点でもそれは言えることです。髪にそこまで極端にこだわる人も少ないでしょう。さすがに明らかにおかしい髪だとまずい場合もありますが、結局髪をどうしたところで顔は見えるということです。

 

中身も外見もすべて含めて人間の印象は決定づけられますが、髪の色の順位は低いでしょう。自分で変な色に染めていれば内面の判断材料になってきますが、白髪は当てはまらないです。

 

関連ページ

白髪染めはいつから行うと良いか
白髪が増え始めてきた時にいつから始めればいいのか悩んでしまうこともあります。黒い髪の毛のなかに数本でもあれば目立ってしまう白髪なので、できれば早めに白髪を目立たなくするようにするほうがいいのです。
ヘアマニキュアで白髪染めをするには
ヘアマニキュアを使用して一時的に白髪染めをすることが可能です。これはシャンプーで何回か洗えば落ちてしまうものなので、普通のマニキュアと同じようなものです。
白髪染めの泡で染めるタイプ
白髪染めには液状のタイプやシャンプータイプや泡のタイプがありますが、泡のタイプのものは全体にまんべんなく付けやすいです。
白髪染めは他のカラーリングと同じ
白髪染めは他のカラーリングと同じで、キューティクルを開いてそこに染料を注入します。これは染料液をつけてしばらく置いておくと勝手に染めてくれます。
白髪染めに使えるシャンプーとは
シャンプータイプのものが便利です。毎回のシャンプーに少量の髪を染める成分が含まれているので、シャンプーしていれば徐々に髪が黒くなっていきます。
市販の白髪染めで問題ないのか
最近は市販でもなんでも良いものが売っているので、市販で十分です。医療用などが良い場合もあるのですが、白髪は病気ではないので良いです。