白髪染めに使えるシャンプーとは

MENU

白髪染めは他のカラーリングと同じようにいっきに染めてしまっても良いのですが、それだと下から生えてきた毛が白いので目立ちます。また染めることによって髪や頭皮が痛むというのはあります。毎回美容院などで染めるのは面倒ですし、そこまでする必要があるのかということです。

 

シャンプータイプの白髪染めの特徴

そういったときは、シャンプータイプのものが便利です。毎回のシャンプーに少量の髪を染める成分が含まれているので、シャンプーしていれば徐々に髪が黒くなっていきます。これだと周りの人も急にではなく徐々に髪が黒くなっていくので気づきません。

 

いつのまにかという感じになるでしょう。むしろ本人も気にしていなければもともとの髪の色を忘れるでしょう。これも継続している期間は黒くなるのですが、辞めると白く戻ります。また、逆に白く染めるタイプのものもあります。

 

 

最近は白に染めてしまうのも流行っています。すでに白髪が目立っている人はもちろん、まったく白髪がない人でもあえて白く染めるという人も多いです。特にコスプレイヤーなどはやっていますが、そうでなくてもファッション的に白く染める人もいます。

 

最近は年齢がどうというのもあまりありませんし、髪が白くても問題はないです。髪が白くても若く見える人もいれば、髪が黒くても老けている人もいます。髪だけ黒くしても顔とのバランスもあるので、違和感があるとむしろマイナス効果でしょう。

 

自然に生えている白髪であれば、無理に染めて若く見せようとする必要もなく、顔が良ければ結果的には首から上は良いということになるので、髪の色はさほど問題ではないでしょう。もちろん外見の印象はファッションなども含めてトータルで決まりますが、顔回りに関しては髪の色はさほど問題でないです。

 

美男美女であれば髪が白いのも逆に知的に見えたり個性になるというのもあります。逆に顔がいまいちであれば、髪が白くても黒くてもどっちでもそんなに影響はないでしょう。そして、ファッションなどでも外見がもともと微妙な人はオシャレにこだわるというよりは普通にまとまった格好をしている方が良い場合が多いです。

 

その観点でいくのであれば、髪の色はそのまま白髪でもまったく問題ないことになります。むしろ染めることで外見を意識しすぎと取られることもあります。上述のようなことも踏まえて、白髪を染めるかどうかということを考えると良いでしょう。

 

少なくとも、髪が黒いと若く見えてモテるとかいうことはあまりないです。逆に白いからマイナスになることもないでしょう。髪が黒いのは普通ですが、髪が白いのは多少プラスになったりマイナスになっても、あまり関係ないということです。

 

髪の色とファッションのバランス

人間の印象は外見と内面のトータルで決まると言われますが、印象をプラスにするために白髪を染めるというのは微妙です。自分のこだわりやファッションとのバランスで染めるというのはありえます。外見の印象といっても無理にオシャレにしろというものでもなく、普通にしとけばだいたいは問題ないですし、オシャレに頑張ってもプラスになるとは限りません。

 

男女問わず外見を極端にオシャレにしようとしていると、自意識が強そうな感じにもなりえます。そういうことなので、普通で良い場合がほとんどでしょう。髪は白髪が混じっていても清潔にしておけば良いです。清潔というのは洗っているというだけでなく、長さや整っているかという話です。

 

男女とも元があまり良くなくてもファッションや髪型でよくできると言われます。しかし、これはあくまでマイナスを普通に持っていくというものです。変にプラスをねらうと逆に痛い感じになるということを知っておくと良いです。

 

無難に徹しろというわけではないですが、元がいまいちでもファッション頑張ればいいんだろということで気合を入れ過ぎると完全に逆に残念な感じになるということです。端的に言えば、豚に真珠のような印象になります。

 

良い服やかっこいい髪を豚に乗せても豚の自意識が垣間見えるだけで終わるということです。なので、清潔感があってシンプルな豚というのであれば、豚を自覚したうえでうまくやっていっているという好印象になるという話です。

 

ファッションや髪型でうまくいくというのは、元が残念なのにナルシルトな人を生み出すための言葉ではないのです。ここを勘違いするパターンが多いので、注意した方が良いでしょう。本人のこだわりでやっているのであればなんの問題もないのですが、印象をよくしようとしてやっているのに逆に悪くなるというのは悲しい状況です。

 

 

なのでそこに気を付けた方が良いということになります。基本的には外見で印象を与えようとする戦略は多くの場合、特に日本ではマイナスになる場合が多いです。健康的で普通であれば良いという発想で問題ないでしょう。

 

自然にルックスが良い人はそれでも良いですし、仮に悪くても悪いなりに良くやっているということになります。

 

関連ページ

白髪染めはいつから行うと良いか
白髪が増え始めてきた時にいつから始めればいいのか悩んでしまうこともあります。黒い髪の毛のなかに数本でもあれば目立ってしまう白髪なので、できれば早めに白髪を目立たなくするようにするほうがいいのです。
部分的に白髪染めをする
実際白髪に悩んでいるひとの多くは、部分的に白髪のある人でしょう。部分的というのは、一か所に固まっているという場合もあれば、まばらに白髪交じりという場合もあるでしょう。
ヘアマニキュアで白髪染めをするには
ヘアマニキュアを使用して一時的に白髪染めをすることが可能です。これはシャンプーで何回か洗えば落ちてしまうものなので、普通のマニキュアと同じようなものです。
白髪染めの泡で染めるタイプ
白髪染めには液状のタイプやシャンプータイプや泡のタイプがありますが、泡のタイプのものは全体にまんべんなく付けやすいです。
白髪染めは他のカラーリングと同じ
白髪染めは他のカラーリングと同じで、キューティクルを開いてそこに染料を注入します。これは染料液をつけてしばらく置いておくと勝手に染めてくれます。
市販の白髪染めで問題ないのか
最近は市販でもなんでも良いものが売っているので、市販で十分です。医療用などが良い場合もあるのですが、白髪は病気ではないので良いです。