白髪染めはいつから行うと良いか

MENU

日本人に多い白髪は一般的に30歳を過ぎたころから生え始めると言われています。男性のほうが白髪になるのがはやいと言われています。髪の毛の色はメラニン色素であり、髪の毛が生えてくるところでメラニン色素を受け渡すことで髪の毛に色を与えているのです。

 

しかしこのメラニン色素が何らかの原因によって作られなくなってくることで髪の毛の色が白くなってくるのです。原因としてはストレスや遺伝的な要素があるとも言われています。はやく白髪になる人と、いつまでも白髪にならない人がいるのは遺伝的な要素があると考えられます。

 

ただほとんどの人は加齢とともに白髪になってくるために自然な老化現象ということでもあります。白髪になるとやはり老けて見えるためにあまり好まれていません。白髪がはじめて見つかったときは結構ショックなものなのですが、加齢とともに増える白髪ということもあり、自分も歳をとってしまったというような感覚になってしまうものなのです。

 

まわりの人の目も気になるので、白髪が一本生えてきただけなら根元から切ってしまえばいいのです。しかし白髪は知らないうちに生えてくるものなのです。毎日鏡を見て髪の毛をチェックすることで、白髪を見つけては切るという方法で対応できるレベルの本数であればその方法でも対処することはできます。

 

しかし白髪の方が目立つようになってきたら、やはり老けて見えてくることにもなるので対処しようと考えてしまいます。白髪が目立たなくする方法は白髪染めということになります。しかし白髪が増え始めてきた時にいつから始めればいいのか悩んでしまうこともあります。

 

白髪染めはいつからするべきか

黒い髪の毛のなかに数本でもあれば目立ってしまう白髪なので、できれば早めに白髪を目立たなくするようにするほうがいいのです。判断としては髪の毛をかきあげたりしたときに数本であればまだ白髪を染める必要はないと思われます。

 

 

気になる部分だけ切ってしまうということで十分目立たなくなります。しかし普段の髪型のままで白髪が目立つようになってきたら白髪染めで対処をし始めてもよいかと思います。最近は種類も多くなっていて、肌にも優しいものも多くなってきています。

オススメな白髪染めの方法

自然に染める方法であればトリートメントタイプのものを使用するという方法もあります。ゆっくりと染める方法なので肌に優しいということで髪の色を自然のままで白髪だけを染めていきたいという場合に適していて、白髪が少ない段階に利用するのに適しているのです。

 

その方法で続けていけるのであれば、しばらくトリートメントタイプで染めて様子を見ておくといいです。しかし白髪は一気に増えてくることがあります。30歳代ではそれほど目立っていなかった白髪も、40歳代になると一気に増えてしまい、黒い髪の毛よりも白髪の方が多くなることがあります。

 

もし白髪が一気に増えて目立ってしまった場合はそのタイミングで一度白髪染めをすることになります。できればヘアサロンなどで今の髪の毛に色に近い形で染めてもらうという方法がよいかもしれません。市販のものでもよいですが、パッチテストをして色も違和感がないか確認をしておいたほうがよいことになります。

 

思った以上に濃い色になったり薄く茶色くなったりすることもあります。白髪の生え方には個人差があるためにいつまでも少ない人もいればすぐに増えていく人もいます。いつからはじめればよいか散髪やカットをするタイミングで白髪が目立ってしまうことになればそのタイミングで行うことになることが多いのです。

 

一般的には髪の毛の量に対して15〜20%になってきたら染めるという目安もあります。白髪を染めるということに抵抗があるのは髪の毛を痛めてしまうということや、いつまでも染め続けなければならないということに対する抵抗もあります。

 

 

しかし白髪をそのままにしておくとやはり老けて見えてしまうので、そのどちらを優先するのかが判断のポイントになりますが、もし染めることに抵抗がないということであれば髪の毛の15〜20%で白髪が目立つようになってくれば染め始めるということになります。

 

染め方も徐々に染めるタイプのほうが髪の毛にも優しいのでトリートメントタイプのものがよいということになります。逆に髪の毛の色を変えてイメージチェンジをするという方法もあります。髪の毛にもやさしい成分のもが多くなってきていますので、カラーリングを行うという感覚になりますが、明るい感じに染め上げることができます。

 

しっかりと染める場合はヘアサロンなどで行うか、市販のものではカラー剤のものを利用するということになります。大体長くて1ヶ月程度はもつことになりますが、髪の毛は生えてくるので根元の白髪が目立ってくることにもなり、その白髪を隠すためににはトリートメントタイプのものを使用するという方法もあります。

 

このように白髪を染めきることは難しい部分もありますので、カラーリングを行うという感覚で利用するのも方法です。

 

関連ページ

部分的に白髪染めをする
実際白髪に悩んでいるひとの多くは、部分的に白髪のある人でしょう。部分的というのは、一か所に固まっているという場合もあれば、まばらに白髪交じりという場合もあるでしょう。
ヘアマニキュアで白髪染めをするには
ヘアマニキュアを使用して一時的に白髪染めをすることが可能です。これはシャンプーで何回か洗えば落ちてしまうものなので、普通のマニキュアと同じようなものです。
白髪染めの泡で染めるタイプ
白髪染めには液状のタイプやシャンプータイプや泡のタイプがありますが、泡のタイプのものは全体にまんべんなく付けやすいです。
白髪染めは他のカラーリングと同じ
白髪染めは他のカラーリングと同じで、キューティクルを開いてそこに染料を注入します。これは染料液をつけてしばらく置いておくと勝手に染めてくれます。
白髪染めに使えるシャンプーとは
シャンプータイプのものが便利です。毎回のシャンプーに少量の髪を染める成分が含まれているので、シャンプーしていれば徐々に髪が黒くなっていきます。
市販の白髪染めで問題ないのか
最近は市販でもなんでも良いものが売っているので、市販で十分です。医療用などが良い場合もあるのですが、白髪は病気ではないので良いです。